認知行動/ストレス科学研究室(伊藤大輔)

 本研究室は,認知行動理論やストレス科学などの諸理論を用いながら,トラウマ関連障害,不安障害,気分障害等の発症・維持メカニズムについて,心理-社会-生理的観点から明らかにするための研究を行っています。また,これらの基礎的研究から得られた知見を,医療/産業/教育領域で起こっている臨床的な問題や日常生活で経験するような困難を解決するために役立てることを目指しています。例えば,①人災や自然災害等のトラウマ体験者の被害者支援,②うつ病休職者に対する生活改善プログラムや復職支援プログラムの提供,③教職員に対するストレスマネジメントや認知行動理論を活用したコンサルテーション等を行っています。

What's New

2017.4平成28年度(第19回)浦添市医師会学術奨励賞を受賞し,表彰会にて口頭発表を行いました。
2017.4沖縄県警察本部にて,研修会「少年心理とその対応」を担当しました。
2017.4 2017年9月から兵庫教育大学へ異動する予定になりました。
2017.3本研究室から学部生5名が卒業しました。
2017.3 分担執筆した『対人援助と心のケアに活かす心理学』が 有斐閣から出版されました。
2017.3不安症学会に参加し、科研費研究に関するポスター発表を行いました。
2017.2仲座舞姫(M1)さんの被災地支援研究に関する論文が琉球大学教育学部紀要に採択されました。
2017.2 第38回沖縄精神神経学会にて口頭発表を行いました。
2017.1沖縄県教育庁学校人事課主催 教頭先生のための実践ラインケア講座Ⅱにて研修講師を担当しました。

連絡先

 ※講演・研修会等の依頼は,随時受けつけておりますので,ご要件・ご相談がございましたら下記までご連絡ください。
 ※大学院に進学し,本研究室に所属することを希望する方は,事前にメール等で連絡の上,研究室訪問を行って頂くことを推奨しております。

 〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地 琉球大学教育学部230研究室
 TEL   098-895-8863 (研究室直通)
 E-mail: d-ito●edu.u-ryukyu.ac.jp  (●を@に変換)