■機械システム工学科から機械工学コースへ
■Twitter Log by Twilog
■Google Scholar

Spray & Comb. Lab.
Staff Student Activities Facilities Prev. Research Publications Contact us

琉球大学工学部(工学科機械工学コース)機械システム工学科 内燃機関工学研究室
Welcome to Spray & Combustion Laboratory
- Mechanical Engineering Program, School of Engineering, Department of Mechanical Systems Engineering, Faculty of Engineering, University of the Ryukyus -
内燃twitter

Schedule
更新情報はページ下部にあります。
2016年度早期配属募集テーマ

テーマ番号:

(3年次指導教員が記入します)

昼間

テーマ名:異種燃料対向噴霧による反応度制御圧縮着火(RCCI)燃焼

指導教員名:若井 謙介 (http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~wakai)

連絡先(メールアドレス):工2-228 wakai@tec.u-ryukyu.ac.jp        

希望人数: 1 人

概要・その他:当研究室では予混合圧縮着火燃焼に着目し,燃焼による制御での機関,排気特性の改善に取り組んでいる. 予混合圧縮着火燃焼はPM(スス)とNOxの同時抑制を可能とするが,燃料投入量を増加するとノッキングが発生し運転領域が制限されてしまうという課題が残っていた.そこで本研究では反応性の異なる異種代替燃料を対向配置した低圧噴射ノズルからマイクロコントローラで制御し噴射することで,燃料の噴射時期,噴射期間と混合気の反応性とを変化し反応度制御圧縮着火(RCCI)燃焼を行う.混合気の濃度分布,反応性,筒内ガス温度などを制御することで運転領域の拡大を目指し研究を行っていく.

       

低圧噴射ノズルを対向配置したRCCI機関  実機試験による機関特性の把握

訪問受入れ予定の日時と場所:期間中の月、水、金曜日13時〜 実験棟A101

  (研究室訪問期間10/27(木)〜11/11(金), 院生による研究紹介11/2(水)昼休み3限4号館1F)

 

テーマ番号:

(3年次指導教員が記入します)

昼間

テーマ名:マイクロバブル混入燃料を用いた予混合圧縮着火機関の燃焼制御

指導教員名:若井 謙介 (http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~wakai)

連絡先(メールアドレス):工2-228 wakai@tec.u-ryukyu.ac.jp  

希望人数: 1 人

概要・その他:本研究ではバイオ燃料を用いた予混合圧縮着火機関の燃焼制御を目的とする.FAME等のバイオ燃料は代替燃料として注目されているが未処理の植物油は高粘度,高沸点であることから良好な混合気の形成が難しい.そこで植物油脂にマイクロバブル(微細気泡)を混入し物性を変化させることで,噴霧特性,混合気形成過程を変化させる.さらに,種々の植物油、FAMEGTLなどの液体燃料に,着火性の異なるDME等気体燃料のマイクロバブルを混入することで噴霧と反応特性を変化し燃焼制御を行う.タービンエンジンでの応用を見据えた連続燃焼器による燃焼試験や予混合圧縮着火機関での運転を行い,噴霧特性や燃焼・排気,機関特性を把握,最適化を図る.

         

微細気泡の生成混合とジャーク式噴射システム 排気成分の採取と分析

訪問受入れ予定の日時と場所:期間中の月、水、金曜日13時〜 実験棟A101

  (研究室訪問期間10/27(木)〜11/11(金), 院生による研究紹介11/2(水)昼休み3限4号館1F)

 

テーマ番号:

(3年次指導教員が記入します)

昼間

テーマ名:PCCI機関におけるマイクロバブル混入燃料の混合気形成過程

指導教員名:若井 謙介 (http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~wakai)

連絡先(メールアドレス):工2-228 wakai@tec.u-ryukyu.ac.jp

希望人数: 1 人

概要・その他:本研究では予混合圧縮着火(PCCI)機関における代替燃料の噴霧・着火特性を把握し機関への応用を模索する事を目的とする.マイクロコントローラで制御する燃料噴射システムを用いることで低圧,対向,多段での複雑な燃料噴射と混合気形成を実現した.噴霧挙動を把握するため高温高圧容器内に機関筒内の雰囲気,燃焼室を模擬し,シュリーレン法を用い高速度ビデオカメラにより噴霧挙動を撮影,画像から噴霧の先端到達距離,角度,体積等の巨視的特性を測定する.またPIV解析により噴霧の渦や流動,拡散,噴霧内への空気導入の状態を解析,液浸法による噴霧粒径の解析を行い様々な燃料における自由噴霧,対向噴霧,壁面衝突時の噴霧挙動などから蒸発,拡散,混合過程を明らかにする.筒内での噴霧挙動の解析結果が実際のエンジンで機関・排気特性に及ぼす影響について検討する.

     

    噴霧特性の解析   壁面衝突噴霧のシュリーレン画像へのPIV解析

訪問受入れ予定の日時と場所:期間中の月、水、金曜日13時〜 実験棟A101

  (研究室訪問期間10/27(木)〜11/11(金), 院生による研究紹介11/2(水)昼休み3限4号館1F)


代表的就職先
・日産自動車(株)、本田技研工業(株)、三菱自動車工業(株)、ダイハツ工業(株)
・UDトラックス(株)、(株)小松製作所、(株)マツダE&T、アイシン・エィ・ダブリュ(株)
・トヨタテクニカルディベロップメント(株)、(株)トヨタプロダクションエンジニアリング、河西工業(株)
・ボッシュエンジニアリング(株)、(株)マキタ 
他多数
就職内定実績
・三菱自動車工業(株)、(株)ミクニ、ヤマハ モーターパワープロダクツ(株)、臼井国際産業(株)
・スズキ(株)、(株)やまびこ、今治造船(株))、河西工業(株)
・NOK(株)
他多数
Papers
・2016年度自動車技術会秋期大会発表
○代替燃料における微細気泡の生成と光学計測手法の検討
-ジャーク式噴射システムにおける噴霧特性-

・2016年度機械システム工学科
卒業研究中間発表会
○代替燃料を用いた低圧対向
PCCI機関における機関排気特性

●発表スライドGIF
○液体燃料に混入する微細気泡群の粒度分布変化が
その噴霧と微粒化特性 に与える影響

●発表スライドGIF
・2015年度内燃機関工学研究室
修士論文中間発表会
○ 微細気泡混入が予混合圧縮着火機関の混合気形成過程に与える影響
・2015年度自動車技術会秋期大会発表
○スワールノズルを用いた対向噴霧による予混合圧縮着火(PCCI)燃焼の制御
・2014年度自動車技術会秋期大会発表
○2元燃料供給法を用いた予混合圧縮着火機関における燃焼制御
・2014年度内燃機関工学研究室
修士論文中間発表会
○低圧対向噴霧による
予混合圧縮着火燃焼の最適化
○低圧対向噴霧の特性解析
・2013年度自動車技術会秋期大会発表
○DME圧縮着火機関における混合期形成過程の最適化
・2012年度自動車技術会秋期大会発表
直噴ガソリンノズルによる
ジメチルエーテルの多段噴射噴霧特性と
予混合圧縮着火機関における燃焼制御
海洋バイオマスを利用したCO2削減およびバイオ燃料化に関する実証研究
・2012年度内燃機関工学研究室
修士論文中間発表会
○マルチホールノズルの
DME圧縮着火機関への適用可能性
○GTL燃料の汎用小型ディーゼル機関への適用とその燃焼解析
Pics.
*副室式小型ディーゼル機関の燃焼室形状最適化のため直噴式機関のピストンを加工する。DME-HCCI機関としての最適な燃料供給方法の模索。 *直接噴射式ガソリンノズルを用いジメチルエーテル(DME)を多段噴射することで燃焼領域を広げる研究。
*ST95エンジンも実動状態で保管中。 *海洋バイオマス利用バイオディーゼルエンジンの燃焼制御法を検討中。
*高温高圧容器の整備。ディーゼル機関の燃焼室内上死点時の温度、圧力を模擬する。シュリーレン光学系を持ち高速度ビデオにより燃料噴霧の噴霧、着火特性の把握を行う。
Topics
*早期配属募集の告知をstudentに掲載しました(10/26/16)
*自動車技術会秋期大会の発表ポスターをScope of Research Activitiesに掲載しました(10/18/16)
*本年度の卒業研究中間発表スライドGIFをPrev. Researchに掲載しました(10/6/16)
*本年度の卒業研究中間発表会前刷りをPrev. Researchに掲載しました(9/27/16)
*過去の早期配属告知をstudentに掲載しました(9/25/16)
*早期配属募集の告知をしました(10/20/15)
*早期配属募集の告知をしました(10/21/14)
*自動車技術会秋期大会の発表ポスターを掲載しました(10/29/13)
*過去の発表ポスターを掲載しました(8/16/11)
卒業論文発表会が無事終了しました(2/18/10)
修士論文公聴会が無事終了しました(2/18/10)
早期配属学生が決まりました
卒業研究早期配属について(10/27/09)
自動車技術会2009秋期大会に大学院生が参加しました(10/8,9/09)
卒業研究中間発表会が開催されました(10/6/09)
沖縄海洋バイオマス利活用研究プロジェクト
 低炭素事業キックオフミーティングが開催されました(6/18/09)
新4年生を迎えて(4/28/09)
広島大学の西田恵哉先生が来訪されました(2/16/09)
卒業研究早期着手について(11/11/08)
質問などは工学部2号館2-228室へ
*テーマなどの情報を記入(11/07/08)
*最近の研究室風景を更新(5/29/07)
*整理更新しました(5/18/07)
*卒業論文発表会が終了しました(3/2/06)
*卒業論文中間発表会が終了しました(9/30/05)
*toppageを更新しました(8/5/05)
4年生の実験風景を追加しました(7/21/05)
平成十七年度新4年生の実験風景を追加しました(7/19/05)
平成十六年度新4年生名簿を追加しました(6/17/04)
*2/27に卒業研究発表会が行われました。
発表会の写真を追加しました(3/9/04)
 *平成十五年度新4年生名簿を追加しました(6/17/03)
   *2/28に卒業研究発表会が行われました。
  前刷り原稿を公開しました。(3/17/03)
 *9/30,10/1に卒業研究中間発表会が行われました。
  前刷り原稿と発表スライドを公開しました。(10/17/02)
 #番外#
  02年度1年次合宿研修へ渡嘉敷島の国立沖縄青年の家へ
  行きました(8/9/02)
 *共同作業で製作中だった倉庫が完成しました(5/28/02)
 *新4年生の共同作業風景を更新、完成が近付いてきました。(5/27/02)
 *新4年生の共同作業風景を更新、実験研究風景を追加しました。(5/16/02)
 *新4年生の共同作業風景を掲載しました。(5/13/02)
 *平成13年度の卒業論文発表会の様子を掲載終了しました。(4/30/02)
 *早期配属の3年生を紹介しています。(2/6/02)
 *広島大学で教鞭をとられている西田恵哉先生の特別講議が終了しました。
  (8/10/01)
 *自動車技術会2001春期大会参加報告が出来ました。(6/25/01)

 

 

University of The Ryukyus