舟木慶一のホームページ

メー ルはこちらから

2018/01/14更新

年賀状2018年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

過去の年賀状

現在時刻


Arsenal


私の頭の大半は悩みです。友とは学生のことでしょう。車だったりして




プロフィール

講義

研究の専門

  1. 音声情報処理(時変複素音声(TV-CAR)分析法、ロバストF0推定、音声強調、音源声道同 時推定、音声合 成、 音声符号化)
  2. ディジタル信号処理(適応信号処理、マルチレート処理、複素信号処理、時間周波数分析)

研究費(2009年1月更 新) 科研費(〜2009)

主な研究発表

(0)北海道大学学位論文(Doctoral Dissertation)「Speech Analysis Methods Based on Accurate Models」(高精度なモデルに基づく音 声分析法)平成11年3月25日授与
(1)Keita Higa and Keiichi Funaki ``Improved ETSI Advanced Front-End for ASR Based on Robust Complex Speech Analysis,", Proc.APSIPA2016, Dec. 2016. Jeju, Korea
(2)Keita Higa and Keiichi Funaki, ``Improved ETSI advanced front-end for automatic speech recognition using quadrature mirror filter synthesis based on robust complex speech analysis. " 5th Joint Meeting of ASA and ASJ, Nov. 2016. Honolulu, Hawai
(3)Taishi Shimabukuro and Keiichi Funaki, ``Vandermonde transform for complex residual based on complex speech analysis," 5th Joint Meeting of ASA and ASJ, Nov. 2016. Honolulu, Hawai
(4)Wei Shan and Keiichi Funaki, ``Pitch estimation based on instantaneous robust algorithm for pitch tracking using weighted linear prediction-based complex speech analysis," 5th Joint Meeting of ASA and ASJ, Nov. 2016. Honolulu, Hawai
(5)Wei Shan and Keiichi Funaki, ``F0 Estimation of Speech Based on IRAPT Using WLP-Based TV-CAR Analysis," Proc.ISCSLP-2016, Oct., 2016, Tianjin, China
(6)Keita HIGA and Keiichi FUNAKI, "Robust ASR Based on ETSI Advanced Front-End Using Complex Speech Analysis,'' IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E98-A, No.11, pp.2211-2219、2015. IEICE
(7)Keiichi Funaki Takehito Higa, ``F0 Estimation of Speech Using SRH Based on TV-CAR Speech Analysis,'' IEICE Trans. on Fundamentals, Vol.E96-A.No.11,2013.
(8)Keiichi Funaki and Takehito Higa,``Low Computational Robust F0 Estimation of Speech Based on TV-CAR Analysis,'' "Design and Architectures for Digital Signal Processing", book edited by Gustavo Ruiz and Juan A. Michell, ISBN 978-953-51-0874-0, Published: January 16, 2013.
(9)Keiichi Funaki, ``Speech Enhancement based on Iterative Wiener Filter using Complex LPC Speech Analysis - Recent Advances in Signal Processing,'' Ashraf A Zaher (Ed.), ISBN: 978-953-307-002-5, IN-TECH BOOK, 2009.
(10)Keiichi Funaki and Tatsuhiko Kinjo, ``Robust F0 Estimation using ELS-based Complex Speech Analysis," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol.E91-A.No.3
(11)Keiichi Funaki and Tatsuhiko Kinjo, ``Robust F0 Estimation Based on Complex LPC Analysis for IRS Filtered Noisy Speech," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E90-A, No.8, Title of Special Section: Papers Selected from the 21st Symposium on Signal Processing (August, 2007.)
(12)``Recursive ARMAX speech analysis based on a glottal source model with phase compensation,'' SIGNAL PROCESSING, EURASIP, ELSEVIER(Vol.74, No.3.)(1999年6月)(Science-direct pdf)
(13)``Glottal-ARMAX音声 分析法におけるマルチレート処理の導入について'' 日本音響学会 (1999年 月号)(CiNii)
(14)Keita Higa and Keiichi Funaki, "On a robust ASR based on complex AR speech analysis," Proc. APSIPA-2015, Hong Kong, Dec. 2015.
(15)Keita Higa and Keiichi Funaki, "On a robust ASR based on robust complex speech analysis," Proc. ISPACS-2015, Bali, Indonesia, Nov. 2015.
(16)Keiichi Funaki and Kazushi Hotta, ''On a Robust F0 Estimation of Speech based on IRAPT using Robust TV-CAR Analysis'' Proc. APSIPA-2014, Siem Reap, Cambodia, Dec., 2014.
(17)``WLP-BASED TV-CAR SPEECH ANALYSIS AND ITS EVALUATION FOR F0 ESTIMATION,'' Proc MAVEBA2013, Firenze, Italy, Dec. 2013.
(18)``F0 Estimation Using SRH Based on TV-CAR Speech Analysis','' Proc EUSIPCO2012, Bucharest, Romania, Aug. 2012.
(19)``Evaluation of F0 Estimation Using ZFR Based on Time-Varying Speech Analysis," Proc. ISCAS2012, Seoul, May 21-23, 2012.
(20)``Low Computational robust F0 estimation based on time-varying complex speech analysis,"  Proc.SISA2011, Nagasaki, Oct.,2011.
(21)``Speech Enhancement based on Iterative Wiener Filter using Robust Time-Varying Complex Speech Analysis,"  Proc.SISA2011, Nagasaki, Oct.,2011.
(22)``F0 CONTOUR ESTIMATION USING ELS-BASED ROBUST TIME-VARYING COMPLEX SPEECH ANALYSIS ,'' IEEE DSP/SPE workshop, Sedona、ARIZONA. USA、Jan.2011.
(23)``On Evaluation of the F0 estimation based on time-varying complex speech analysis,'' Interspeech 2010, Makuhari、Japan、Sep.2010.
(24)``Evaluation of robust complex AR analysis on MPEG-4 ALS for noisy speech,'' IASTED SPPRA2010, Innsbruck、Austria、Feb.2010.
(25)``Evaluation of Complex LPC Analysis on Lossless Compression of Finger Print Image Using MPEG-4 ALS ,'' SISA2009, 関西大、大阪、Oct.2009.
(26)``F0 estimation based on robust ELS complex speech analysis,'' EUSIPCO-2008, Lausanne, Switzerland, Aug.2008.
(27)``Speech Enhancement based on Iterative Wiener Filter using Complex Speech Analysis,''  EUSIPCO-2008, Lausanne, Switzerland, Aug.2008.
(28)``F0 contour estimation based on time-varying complex speech analysis,'' Acoustics'08, Paris, July.2008(J. Acoust. Soc. Am. 123, 3735 (2008) )
(30)"Robust F0 Estimation Using Forward and Backward LP ELS based Complex Speech Analysis," NCSP'08, Gold Coast, Australia, 2008/3/6-8
(32)"Robust F0 Estimation Using Robust Complex Speech Analysis Based on ELS Method," SISB-2007,Bangkok,Thailand,2007/11/1-2
(33)``Speech enhancement based on Wiener filter using complex speech analysis", JCA-2007, 東北大学青葉記念会館, Jun.4-5, 2007.
(34) "Robust F0 estimation algorithm based on complex speech analysis", 4th joint meeting ASA and ASJ, Waikiki Sheraton, Honolulu, USA, Nov.27-Dec.2,2006.(J. Acoust. Soc. Am. 120, 3091 (2006))
(35) "On HMM Speech Recognition Based on Complex Speech Analysis", IEEE IECON2006, CNAM, Paris, France, Nov.7-11,2006.
(36) "F0 estimation of noisy speech based on complex speech analysis", IEEE DSP&SPE workshop, Grand Teton National Park, Wyoming, USA, Sep.24-27,2006.
(37) "An Improvement of G.711 PLC Using Sinusoidal model", IEEE EUROCON2005, Belgrade, Serbia & Montenegro, Nov.21-24,2005.
(38) "An improvement of ITU-T G.711 packet loss concealment", IASTED EuroIMSA-2005, Grindelwald, Swissland, Feb.21-23,2005.
(39) "Forward and backward LP ELS-based time-varying complex speech analysis based on output error method", IEEE ISSPIT-2003, Darmstadt, Germany, Dec.14-17,2003.
(40) "On packet loss concealment using time-varying speech analysis", MAVEBA-2003, Firenze, Italy, Dec.10-12,2003.
(41)``GLS-based TV-CAR speech analysis using forward and backward linear prediction,'' MMSP-2002, St.Thomas, US Virgin Island, Dec.9-11,2002.
(42)``Improvement of the ELS-based time-varying complex speech analysis,'' ICSLP-2002, Denver, Colordo, Sep.17-20,2002.
(43)``A Time-Varying Complex ARMA Speech Modeling based on IV Method,'' MAVEBA-2001, Firenze, Italy, Sep.14,2001.
(44)``A Time-Varying Complex AR Speech Analysis Based on GLS and ELS Method,'' EUROSPEECH-2001,Aalborg, Denmark, Sep.7,2001.
(45)``A time-varying complex speech analysis based on IV method,'' ICSLP-2000,Beijing, China, Oct.16-20,2000.
(46)``On Robust speech analysis based on time-varying complex AR model,''ICSLP-98, Sydney, Australia, Nov.30-Dec.4,1998.
(47)``On Subband analysis based on Glottal-ARMAX speech model,'' ESCA 3RD INTERNATIONAL WORKSHOP ON SPEECH SYNTHESIS, Bluemountain, Australia, Nov.26-29,1998.
(48)``On a Time-varying Complex Speech Analysis''EUSIPCO-98, Rhodes, Greece, Sep.9-11,1998
(49)``A time varying ARMAX speech modeling with phase compensation using glottal source model,'' IEEE Proc.ICASSP-97, Munich,Germany, Apr.21-24, 1997.
(50)``A time-varying ARMAX speech analysis method based on glottal source model,'' 3rd Joint meeting of ASA and ASJ, Honolulu, HAWAI, Dec.2-6, 1996.(J. Acoust. Soc. Am. 100, 2602 (1996) )
(51)``4kb/s Speech Coding with small computational amount and memory requirement:ULCELP,'' ICSLP-94,PACIFICO YOKOHAMA, YOKOMAMA, Sep. 1994.
(52)``4kb/s Multi-mode learned CELP(M-LCELP) Implementation on the μPD77016,''DSPx94, SanFrancisco Moscone Convention Center, Jun. 1994.
(53)``A Speech Analysis Method based on glottal source model,'' ICSLP-90,Kobe International Conference Center, KOBE, Nov.19 1990.
連名国際学会:2件(泉,知念)

その他:
国内学会 件、 NEC技報件 (ULCELP ELCELP)
US Patent 件 (2003年12月4日現在)
US06006177 12/21/1999 Apparatus for transmitting synthesized speech with high quality at a low bit rate
US05924063 07/13/1999 Celp-type speech encoder having an improved long-term predictor
US05682407 10/28/1997 Voice coder for coding voice signal with code-excited linear prediction coding
US05426718 06/20/1995 Speech signal coding using correlation valves between subframes
(J. Acoust. Soc. Am. 99, 19 (1996))

日本特許 件 公開 件 (2003年12月4日現在)

1. 特許3265645 音声符号化装置
2. 特許3254687 音声符号化方式(open-closed適応コードブック:稼いでいる特許)
3. 特許3230380 音声符号化装置
4. 特許3146511 音声符号化方式
5. 特許3092344 音声符号化装置
6. 特許3087591 音声符号化装置
7. 特許2979943 音声符号化装置
公開1. 特開平10-105196 音声符号化装置
公開2. 特開平10-055198 音声符号化装置
公開3. 特開平08-292797 音声符号化装置
公開4. 特開平08-272395 音声符号化装置
公開5. 特開平08-179797 音声符号化装置
公開6. 特開平08-044396 音声符号化装置
公開7. 特開平08-030299 音声符号化装置
公開8. 特開平07-199994 音声符号化方式
公開9. 特開平07-168596 音声符号化装置
公開10. 特開平06-118992 音声符号化装置
公開11. 特開平06-075597 音声符号化装置
公開12. 特開平05-341800 音声符号化装置

最近の学会発表

平成8年12月 2日 日米音響学会ジョイントミーティング(ホノルル、アメリカ)
平成9年 3月17日 音響学会春季研究発表会(同志社大学、京都府田辺町)
平成9年 4月22日 ICASSP-97(ミュ ンヘン、ドイツ)
平成9年 6月26日 DSP/CAS/VLD研究会 (北海道登別温泉ホテルまほろば)
平成9年 9月17日 音響学会秋季研究発表会(北海道大学、札幌市)
平成9年11月12日 第12回DSPシ ンポジウム広島国際会議場、広島 市)
平成10年3月17-19日 日本音響学会研究発表会 (慶応日吉、横浜市)
平成10年4月23,24日 音声研究会(京都大学、京都 市)
平成10年9月9-11日 EUSIPCO-98 (Rhodes Island,Greece写 真
平成10年9月24-26日 日本音響 学会研究発表会(山形大米沢)
平成10年11月26-29日 ESCA 3RD WORKSHOP ON SPEECH SYNTHESIS(Jenolan Caves,Bluemountain,AUS)
平成10年11月31日-12月4日 ICSLP-98(Sydney,AUS) 写 真
平成12年3月15-17日 音 響学会春季研究発表会(日大船橋校舎)
平成12年9月20-22日 2000 年秋季日本音響学会研究発表会(岩手県立大)
平成12年10月16-20 ICSLP-2000(北京) 写真
平成12年16,17日 第15回DSPシンポジウム(上 総アカデミアパーク、千葉木更津市)
平成13年9月3-7日 EUROSPEECH2001(Aalborg、 DENMARK)
平成13年9月13-15日 2nd International Workshop on Models and Analysis of Vocal Emissions for Biomedical Applications(Firenze, Italy)
平成13年10月3-5日 音響学会秋季研究発表会(大分大学)
平成13年11月7-9日 第16回DSPシンポジウム(石垣全日空ホテル)
平成14年3月17-19日 音響学会春季研究発表会(神奈川大学)
平成14年9月17-20日 ICSLP-02(Denber, USA)
平成14年11月6-8日 第17回DSPシンポジウム(函館大沼プリンスホテル)
平成14年12月9-11日 2002 IEEE Workshop on Multimedia Signal processing (MMSP2002)(US Virgin Islands)
平成15年3月17-19日 音響学会春季研究発表会(早稲田大学,新大久保)
平成15年9月17-19日 音響学会秋季研究発表会(大同工業大学,名古屋)
平成15年11月5-7日 DSPシンポジウム(伊勢志摩ロイヤルホテル,志摩磯部,三重)
平成15年12月10-12日 MAVEBA2003(Firenze, Italy)
平成15年12月14-17日 ISSPIT2003(Darmstadt, Germany)
平成16年9月28-30日 日本音 響学会(琉球大学)
平成17年2月21-24日 IASTED EuroIMSA2005(SunStar Hotel, Grindelwald, Swiss)
平成17年11月16-18日 SIPシンポジウム2005(高 知かるぽーと, 高知市)
平成17年11月21-24日 IEEE EUROCON2005(Sava Center, Belgrade, Serbia)
平成18年6月15日 SIS研究会(宮古島マリンターミナル, 宮古島,沖縄) 写真
平成18年8月30,31日
音声研究会(はこだて未来大学, 函館,北海道) 写真
平成18年9月13-15日 日本音響学会秋季研究発表会(金沢大学)
平成18年9月24-27日 IEEE DSP&SPE Workshop(Grand Teton National Park, Wyoming, USA) 写真
平成18年11月7-10日 IEEE IECON'06 (Paris, France) 写真
平成18年11月15-17日 IEICE SIPシンポジウム (京大会館, 京都)
平成18年11/28-12/2 第4回日米音響学会ジョイントミーティン グ(ワイキキシェラトンホテル,Honolulu, USA) 写 真
平成19年1月24-26日 IEICE SIP研究会(NICT沖縄,万座毛,恩納村,沖縄) 写真
平成19年3月13-15日 音響学会(芝浦工大,豊洲,東京)
平成19年6月4‐6日 日 中音響 学会ジョイントミーティング(東北大学青葉山キャンパス、仙台) 写 真
平成19年6月21-22日 IEICE SIP研究会(北海道東海大学、札幌)   写真
平成19年9月19-21日 音響学会秋季研究発表会(山梨大、甲府)  写真
平成19年11月1,2日 IEICE SISB2007(KMITL、 バ ンコク、タイ国) 写真
平成19年11月7‐9日 IEICE SIPシンポジウム2007(東 北大学青葉山キャンパス、仙台、宮城) 写真
平成20年3月6-8日 NCSP'08(Gold Coast, Australia)
平成20年3月17-19日 日本音響学 会春季研究発表会(千葉工業大学、津田沼、千葉)
平成20年6月26,27日 IEICE SIP研究会(北海道大学、札幌)
平成20年6月29日-7月4日 Acoustics'08Palais des Congrès, Paris, France)
平成20年8月25日-29日 EUSIPCO2008Palais de Beaulieu, Lausanne, Switzerland)
平成20年9月10,11,12日 日本音響学会秋季研究発表会(九大大橋キャンパス、福岡)
平成21年3月17,18,19日 日本音響学会春季研究発表会(東工大、大岡山、東京)
平成21年6月24,25日 IEICE 音声研究会(北海道大学、クラーク会館、札幌)
平成21年9月15-17日 日本音響学会秋季研究発表会(日大工学部、郡山、福島)
平成21年10月22,23日 SISB2009(関西大100周年記 念会館、大阪)
平成22年3月 日本音響学会春季研究発表会(電通大、東京)
平成22年9月14-16日 日本音響 学会春季研究発表会(関西大、大阪)
平成22年9月26-30日 Interspeech2010 (幕張、千葉)
平成23年3月
日本音響学会春季研究発表会(早稲田、東京)
平成23年6月
SIS研究会(石垣島)
平成23年8月
回路とシステムワークショップ(淡路島)
平成23年10月
SISA2011(長崎)
平成23年11月
SIPシンポジウム(札幌)

学会の写真


1996年日米ジョイントミーティング(ワイキキシェラトンホテル)



ICASSP-97が開催されたGasteigセンタ(ミュンヘン)

EUSIPCO-98が開催されたRHODES PALACE HOTEL(ロドス島、ギリシャ)

ESCAワークショップが開催されたJenolan Caves Mountain House(ブルーマウンテン、オーストラリア)

ICSLP-98開催のコンベンションセンター(シドニー、ダーリング湾)

ICSLP-2000が開催された国際会議場の隣の五洲大酒店:グランドコンチネンタルホテル(北京、中国)

EUROSPEECH-2001が開催された会議場(オールボー、デンマーク)

MAVEBA-2001が開催された会議室の天井(ドゥオモの横、フィレンツェ、イタリア)

MAVEBA-2001が開催された銀行の中庭(ドゥオモの横、フィレンツェ、イタリア)

第16回DSPシンポジウムが開催された石垣全日空ホテル&リゾートの中庭(2001/11/7-9)

ICSLP-2002が開催されたデンバーのアダムスマークホテル(2002/9/17-20)

第17回DSPシンポジウムが開催された大沼プリンスホテル(2002/11/6-8)

第5回IEEE MMSP2002が開催されたUSバージン諸島セントトーマス(2002/12/9-11)

第18回DSPシンポジウムが開催された伊勢志摩ロイヤルホテル(2003/11/5-7)

MAVEBA2003フィレンツェのドーモ周辺(2003/12/9-11)

IEEE ISSPIT2003が開催されたダルムシュタッド(ドイツ)Maritim Rhein Mainホテル(2003/12/15-17)

IASTED EuroIMSA2005が開催されたスイス Grindelwald Sun Starホテル(2005/2/21-23)

SIPシンポジウム2005が開催された高知かるぽーと(高知市)(2005/11/16-18)

IEEE EUROCON2005が開催され たベ オグラード(セルビアモンテネグロ)のSava センター、後方がBelgrade Inter-Continental Hotel(2005/11/21-24)

平成18年6月15日 SIS研究会(宮古島マリンターミナル, 宮古島,沖縄) 
写真は東急宮古島リゾート.ハワイのよう.

平成18年8月30,31日 音声研究会(はこだて未来大学, 函館,北海道)写真は懇親会場の料亭きら

IEEE DSP workshopが開催されたGrand Teton National Park(Wyoming, USA)のジャクソンレイクロッジからの眺め(2006/9/24-27)

IECON2006が開催された CNAM (Paris, France)(2006/11/7-11)

日米ジョイントミーティ ングが 開催されたワイキキシェラトン(Honolulu, Hawai)(2006/11/28-12/2)

SISB2007に てタイコクバ ンコク王宮(2007/11/1,2)

NCSP2008が開催された豪州ゴールドコーストウォーターマークホテル(2008/3/4-9)

Acoustics'08でParis に出張 (2008/6/29-7/5)。EURO高で何もかも高かった。行くべきではなかった。

EUSIPCO2008@Lausanne(スイス)のシンボルであるノートルダム大聖堂は ホテルの前(2008/8/25-31)

SPPRA2010@インスブルック
(2010/02)

IEEE DSP/SPE Workshop@セドナ
(2011/01)

Interspeech2010@幕張、千葉
(2010/11)

ISCAS2012@ソウル
(2012/05)


学会活動
ISPACS-2013
TPC
編集委員
IEICE 『Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems』
英文論文小特集編集委員会
編集委員
IEICE SISA-2013 TPC 編集委員
SIPシンポジウム(2012年) セッション座長、特別講演座長 座長
IEEE ISCAS-2013 Reviewer 査読員
平成24年秋季音響学会研究発表会 信州大工学部(長野)
座長
IEICE SISA-2012
TPC
編集委員
IEICE
『Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems』
英文論文小特集編集委員会
編集委員
IEEE ISCAS-2012
Reviewer 査読員
SIPシンポジウム(2011年)
座長
座長
回路とシステムワークショップ(2011年)
座長
座長
ELSEVIER Signal Processing Journal Reviewer
IEICE SISA-2011
TPC
編集委員
IEICE SISA-2010
TPC
編集委員
平成21年秋季音響学会研究発表会 日大工学部(郡山、福島)
座長
ISPACS-2009
TPC
編集委員
ITC-CSCC2009
Reviewer 査読員
IEEE IECON2009
Reviewer 査読員
IEICE
Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems
EA-英文論文小特集 Associate Editor
編集委員
IEEE ISCAS2009 Reviewer 査読員
ELSEVIER Signal Processing Journal
Reviewer
査読員
平成20年秋季音響学会研究発表会 九州大学大橋キャンパス
座長
IEICE SIS研究会
専門委員 2008〜2012年度
EUSIPCO2008
Reviewer 査読員
平成20年春季音響学会研究発表会 千葉工大
座長
NCSP'08
Gold Coast(豪州)
座長
IEICE
Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems
EA-英文論文小特集 Associate Editor
編集委員
IEEE ISCAS2008
Reviewer
査読員
平成19年秋季音響学会研究発表会 山梨大 座長
平成19年春季音響学会研究発表会 芝浦工大 副座長
平成18年秋季音響学会研究発表会 金沢大 副座長
IEEE EUROCON2005 Belgrade(Serbia) 副座長
電子情報通信学会英語D分 冊 常任査読委員 2003年7月-
平成15年春季音響学会研究発表会 早稲田大 副座長
平成14年秋季音響学会研究発表会 秋田大 副座長
平成13年秋季音響学会研究発表会 大分大 副座長
平成13年春季音響学会研究発表会 筑波大 副座長
平成12年秋季音響学会研究発表会 岩手県立大(岩手) 副座長
平成12年春季音響学会研究発表会 日本大(船橋) 副座長
平成11年秋季音響学会研究発表会 島根大(松江) 副座長
平成10年秋季音響学会研究発表会 山形大(米沢) 副座長
平成10年春季音響学会研究発表会 慶応大(日吉) 副座長
平成9年秋季音響学会研究発表会 北大(札幌) 副座長

今後の学会発表予定

平成25 年3月 日本音響 学会春季研究発表会


趣味