研究成果

研究業績(論文・著書)

Nishijima, S., Shiroma, H., Kamimura, R.,i Hentona, A., Nakamura, H., Uchiwa, K., Nakamura, Y., Tominaga, A. 2021. Predation by Lithobates catesbeianus on Goniurosaurus kuroiwae kuroiwaeand Achalinus werneri on Okinawajima Island of the Ryukyu Archipelago, Japan. Herpetology notes ( the Societas Europaea Herpetologica (SEH) ) in press .

日本爬虫両生類学会編(編集代表松井正文・森哲).2021.新日本両生爬虫類図鑑.(富永篤(分担):イモリ科解説ほかアカハライモリなど11種担当).232p. サンライズ出版,彦根.

富永 篤, 中村 泰之.2021. 奄美・琉球の水生昆虫に対する外来両生類の影響と対策. 昆虫と自然 2021年9月号 56(10) 18-21.

大越光太郎, 天野正晴, 佐藤寛之, 立石庸一, 杉山巳次, 富永篤, 齊藤由紀子. 2021. 沖縄県の離島・へき地における自然教育のための基礎資料の充実 (12) 今帰仁村古宇利島の植物相. 琉球大学教育学部紀要 98: 171-193. http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12000/48290/1/No98p171.pdf

Kuroshima, S., Tominaga, A. 2021. Normal development of an aquatic spawning tree frog, Buergeria japonica (Amphibia: Rhacophoridae). Current Herpetology, 40(2),169-181.https://doi.org/10.5358/hsj.40.169

Goka, K., Yokoyama, J., Tominaga, A. 2021. Distribution and genetic diversity of the amphibian chytrid in Japan. Journal of Fungi, 7, 522. https://doi.org/10.3390/jof7070522

Sato, T., Arimura, T., Murata, K., Kawamura, M, Obama, W., Suzuki, M., Nakauchi, Y., Tominaga, A., Morita, M., Hiraoka, K., *Takayama-Watanabe E.,*Watanabe, A. 2021. Differences of extracellular cues and Ca2+ permeable channels in the signaling pathways for inducing amphibian sperm motility. Zoological Sciecne, 38(4):343-351 (2021). https://doi.org/10.2108/zs200159

Tominaga, A., Matsui, M, Matsui, M. 2021. Structure and movement of the hybrid zone between two divergent lineages of the Japanese newt Cynops pyrrhogaster (Amphibia: Urodela) in Central Japan. Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research, 59(5) 1097-1112.https://doi.org/10.1111/jzs.12467

Nakamura, Y.,Tominaga, A. 2021. Diet of the American bullfrog Lithobates catesbeianus naturalized on Okinawajima, Ryukyu Archipelago, Japan. Current Herpetology, 40 (1) 40-53.  https://doi.org/10.5358/hsj.40.40

富永篤. 2020. アカハライモリの多様性と分化過程. Caudata (4): 2-5. https://caudatajp.wixsite.com/mysite/caudata-4

Matsui, M., Tominaga, A. 2020. A new species of Buergeria from the Southern Ryukyus and Northwestern Taiwan (Amphibia: Rhacophoridae). Current Herpetology, 39 (2): 160-172.https://doi.org/10.5358/hsj.39.160

Matsui, M., Tominaga, A. 2020. Distinct species status of a Microhylafrom the Yaeyama Group of the Southern Ryukyus, Japan (Amphibia, Anura, Microhylidae). Current Herpetology, 39 (2): 120-136. https://doi.org/10.5358/hsj.39.120

Igawa, T., Sugawara, H., Honda, M., Tominaga, A., Oumi, S., Katsuren, S., Ota, H., Matsui, M, Sumida, M. 2020. Detecting inter- and intra-island genetic diversity: population structure of the endangered crocodile newt, Echinotriton andersoni, in the Ryukyus. Conservation Genetics ( Springer ) 21: 13 -26 DOI: .https://doi.org/10.1007/s10592-019-01219-8

富永篤(分担)2019. 琉球に元々いたイモリたち シリケンイモリとイボイモリの分布に関する話題. p.176-177. In: 関慎太郎・井上大輔編. ギョブマガジンぎょぶる 特別編集 特盛山椒魚本. 北九州魚部, 北九州市.

吉川夏彦,富永篤. 2019. 2013年以降の日本産有尾両生類の分類について. 爬虫両棲類学会報, 2019 (2): 177-194.

富永篤.2019. アカハライモリを対象とした地理的分化と系統の置き換わりに注目した両生類の種分化研究. 九州両生爬虫類研究会誌, 10: 24-31.

Matsui, M., Yoshikawa, N., Tanaka-Ueno, T., Sato, T., Takenaka, S., Terui, S., Oppata, Y., Tominaga, A. 2019. A genetic study of anewly found population of Siberian salamander, Salamandrella keyserlingii (Amphibia, Caudata). Current Herpetology, 38 (2): 122-127. doi 10.5358/hsj.38.122

Tominaga, A., Matsui, M., Tanabe, S., Nishikawa, K. 2019. A revision of Hynobius stejnegeri, a lotic breeding salamander from western Japan, with a description of three new species (Amphibia, Caudata, Hynobiidae). Zootaxa, 4651(3), 401-431. DOI:http://dx.doi.org/10.11646/zootaxa.4651.3.1

Tominaga, A., Matsui, M., Shimoji, N., Khonsue, W.,Wu, CS, Toda, M., Eto, K., Nishikawa, K., & Ota, H. 2019. Relict distribution of Microhyla (Amphibia: Microhylidae) in the Ryukyu Archipelago: High diversity in East Asia maintained by insularization. Zoologica Scripta, 48 (4), 440-453. DOI: https://doi.org/10.1111/zsc.12361

Matsui, M., Okawa,H., Nishikawa, K., Aoki, G., Eto, K., Yoshikawa, N. Tanabe, S. Misawa, Y., Tominaga, A. 2019. Systematics of the widely distributed Japanese clouded salamander, Hynobius nebulosus (Amphibia: Caudata: Hynobiidae), and its closest relatives. Current Herpetology 38 (1), 32-90. DOI: https://doi.org/10.5358/hsj.38.32

Tominaga, A., Matsui, M., K. Nishikawa 2019. Two new species of lotic breeding salamanders (Amphibia, Caudata, Hynobiidae) from western Japan. Zootaxa, 4550 (4): 525?544. DOI: http://dx.doi.org/10.11646/zootaxa.4550.4.3

富永篤.2019. 魅力の多い沖縄の両生類.P194-197. In: 九州両生爬虫類研究会編. 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類 カエルやヘビのことをもっと知ろう. 東海大学出版部,平塚市.

富永篤.2019. 沖縄の身近な動物シリケンイモリ.P198-199. In: 九州両生爬虫類研究会編. 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類 カエルやヘビのことをもっと知ろう. 東海大学出版部,平塚市.

富永篤.2019. 消滅しつつあるイボイモリの生息地.P200-201. In: 九州両生爬虫類研究会編. 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類 カエルやヘビのことをもっと知ろう. 東海大学出版部,平塚市.

富永篤.2019. 外来種問題についての私の捉え方.P216-217. In: 九州両生爬虫類研究会編. 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類 カエルやヘビのことをもっと知ろう. 東海大学出版部,平塚市.

Matsui, M., Komada, N., Yamada, K., Takada,M., Nishikawa, K., Tominaga, A., Tanaka-Ueno, T. 2018. Genetic Uniformity of Japanese Giant Salamander (Amphibia, Caudata) from Kiso River, Central Japan. Current Herpetology, 37(1): 23-29.

Tominaga, A., Matsui, M., Yoshikawa, N., Eto, K., Nishikawa, K. 2018. Genomic displacement and shift of the hybrid zone in the Japanese fire-bellied newt. Journal of Heredity, 109(3): 232-242.

栗田一輝・富永篤. 2017. 野外でのイボイモリの孵化サイズとその発生段階. Akamata, 27: 13-17.

Matsui, M., Nishikawa, K., Tominaga, A. 2017. Taxonomic relationships of Hynobius stejnegeri and H. yatsui, with description of the amber-colored salamander from Kyushu, Japan (Amphibia: Caudata). Zooogical Science 34(6): 538-545.

Nishikawa, K., Dujsebayeva, T., Matsui, M., Yoshikawa, N., Tominaga, A. 2017. Historical demography of an endangered salamander, Ranodon sibiricus (Amphibia, Urodela, Hynobiidae): a reassessment. Zoological Science, 34 (1): 18-25.

富永篤,奥代遼.2016. イボイモリをとりまく状況と保全にむけた課題.日本爬虫両棲類学会報,2016 (2): 50-56.

Kadekaru, S., Tamukai, K., Tominaga, A., Goka, K., Une, Y. 2016. Spontaneous oral chytridiomycosis in wild bullfrog tadpoles in Japan. Japanese Journal of Veterinary Science, 78 (4): 573-577.

Tominaga, A., Meyer-Rochow, V. B., Okamoto, T., Kuriyama, T., Nishikawa, K., Matsui, M. 2016. Origin and genetic uniformity of introduced population of Cynops pyrrhogaster (Amphibia: Urodela) on Hachijojima Island. Current Herpetology 35 (1): 64-68.

立石庸一,佐藤寛之,齊藤由紀子,天野正晴,杉山巳次,中村元紀,宮城愛,田場美沙基,富永篤. 2016. 沖縄県の離島・へき地における自然教育のための基礎資料の充実Ⅷ:うるま市伊計島の植物相. 琉球大学教育学部紀要, (88): 283-305.

Tominaga, A., Matsui, M., Eto, K., Ota. H. 2015. Phylogeny and differentiation of wide-ranging Ryukyu Kajika frog Buergeria japonica (Amphibia: Rhacophoridae): geographic genetic pattern not simply explained by vicariance through strait formation. Zoological Science 32: 240-247.

Tominaga, A., Matsui, M., Kokuryo, Y. 2015. Occurrence and evolutionary history of two Cynops pyrrhogaster lineages in the Izu Peninsula. Current Herpetology 34 (1): 19-27.

Moriguchi, S., Tominaga, A., Irwin, K. J., Freake, M.J., Suzuki, K., Goka, K. 2015. Predicting the potential distribution of the amphibian pathogen Batrachochytrium dendrobatidis in East and Southeast Asia. Diseases of Aquatic Organisms 113 (3): 177-185.

仲宗根貴道,田場美沙基,清澤昇太,富永篤. 2015. リュウキュウカジカガエルの変態サイズ,野外,飼育下での成長速度. AKAMATA, 25: 1-4.

齊藤由紀子,富永篤,杉尾幸司. 2015. 沖縄県の現職教員を対象とした理科(生命領域)に関するアンケート調査報告. 琉球大学教育学部紀要, (86): 205-209.

Tominaga. A., Matsui, M., Yoshikawa, N., Hayano, A., Inoue-Murayama, M. 2014. Characterization of fifteen microsatellite markers for the Japanese fire-bellied newt,Cynops pyrrhogaster. Conservation Genetics Resources 6 (2): 405-407.

Tamukai, K., Une, Y., Tominaga, A., Suzuki, K., Goka, K. 2014. Batrachochytrium dendrobatidis prevalence and haplotypes in domestic and imported pet amphibians in Japan. Diseases of Aquatic Organisms 109 (2): 165-175.

Tominaga, A., Matsui, M., Nakata, K. 2014. Genetic diversity and differentiation of the Ryukyu endemic frog Babina holstias revealed by mitochondrial DNA. Zoological Science 31 (2): 64-70.

立石庸一,佐藤寛之,天野正晴,田場美沙基,齊藤由紀子,富永篤. 2014. 沖縄県の離島・へき地における自然教育のための基礎資料の充実VII:うるま市浜比嘉島の植物相. 琉球大学教育学部紀要, 85:45-74.

Tominaga, A., Matsui, M., Yoshikawa, N., Nishikawa, K., Hayashi, T., Misawa, Y., Tanabe, S., Ota, H. 2013. Phylogeny and historical demography of Cynops pyrrhogaster (Amphibia: Urodela): taxonomic relationships and distributional changes associated with climatic oscillations. Molecular Phylogenetics and Evolution 66 (3): 654-667.

Tominaga, A., Irwin, K. J., Freake, M. J., Suzuki, K., Goka, K. 2013. Haplotypes of Batrachochytrium dendrobatidis on the hellbender Cryptobranchus alleganiensisare identical to global strains. Diseases of Aquatic Organisms 102 (3): 182-186.

富永篤,木村妙子. 2013. 特定外来生物カワヒバリガイの分布拡大過程と侵入経路の推定. 地球環境 , 17 (2): 143-150.

富永篤. 2013. 島の陸棲生物の魅力. P208-213. In: 琉球大学編. 知の源泉 やわらかい南の学と思想5. 沖縄タイムス社, 那覇.

田場美沙基,竹中践,富永篤. 2013. リュウキュウカジカガエルの卵の発生速度. AKAMATA, 24: 5-8.

田場美沙基,下地直子,山里将平,白幡大樹,富永篤. 2013. 鹿児島県与論島へのシロアゴガエルの侵入と定着. 日本爬両棲類学会報, 2013 (2): 96-97.

吉田安規良, 杉尾幸司, 柄木良友, 岩切宏友, 照屋俊明, 富永篤. 2013. 沖縄の低学力問題に対応するための中学校理科教員の授業力向上をめざした悉皆研修型科学教師教育. 科学教育研究 , 37 (2): 168-170.

天野正晴,立石庸一,佐藤寛之,田場美沙基,富永篤. 2013. 沖縄県の離島・へき地における自然教育のための基礎資料の充実VI:うるま市津堅島の植物相. 琉球大学教育学部紀要, (83):177-200.

栗田隆気,皆藤琢磨,吉川夏彦,富永篤,森哲,戸田守,西川完途. 2013. 第5回アジア爬虫両生類学会議参加報告. 爬虫両棲類学会報, 2013 (1): 12-23.

Honda, M., Matsui, M., Tominaga, A., Ota, H., Tanaka, S. 2012. Phylogeny and biogeography of the Anderson’s crocodile newt, Echinotriton andersoni (Amphibia: Caudata), as revealed by mitochondrial DNA sequences. Molecular Phylogenetics and Evolution 65 (2): 642-653.

Nishikawa, K., Matsui, M., Yong, H-S., Ahmad, N., Yambun, P., Belabut, D. M., Sudin, A., Hamidy, A., Orlov, N. L., Ota, H., Yoshikawa, N., Tominaga, A., Shimada, T. 2012. Molecular phylogeny and biogeography of caecilians from Southeast Asia (Amphibia, Gymnophiona, Ichthyophiidae), with special reference to high cryptic species diversity in Sundaland. Molecular Phylogenetics and Evolution 63 (3): 714-723.

田吹亮一, 照屋俊明, 富永篤, 馬場壮太郎, 立石庸一. 2012. 離島における野外実習の成果と課題-久米島での2011年度『自然環境フィールドワークⅢ』の実践報告. 琉球大学教育学部紀要, (81): 269-279.

吉田安規良, 柄木良友, 富永篤. 2012. 附属中学校の生徒を対象にした教育学部教員による理科の特別授業 ?総合的な学習の時間での「体験!琉球大学-大学の先生方による講義を受けてみよう-」のとりくみを例に?.琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要, (19): 57-74.

Tamukai, K., Une, Y., Tominaga, A., Suzuki, K., Goka, K. 2011. Treatment of spontaneous chytridiomycosis in captive amphibians using Itraconazole. Journal of Veterinary Medical Science, 73 (2): 155-159.

Honda, M., Tominaga, A., Maeda, Y., Ota, H. 2011. Anderson's crocodile newt, Echinotriton andersoni. Herpetological review, 42 (2): 235.

富永篤. 2011. ウシガエルによるオキナワアオガエルのオス4個体の捕食例. AKAMATA, 22:1-4.

本多正尚,八畑謙介,富永篤,太田英利. 2011. 沖縄島および奄美大島産イボイモリ(両生綱:有尾目)の胃内容について. AKAMATA, 22: 5-8.

富永篤,山越悠貴. 2011. 沖縄島におけるシリケンイモリの夏季から秋季産卵の観察例. AKAMATA, 22:9-11.

富永篤,本多正尚,太田英利. 2011. 渡嘉敷島のイボイモリ(両生綱: 有尾目)の分布について. AKAMATA, 22: 12-14.

吉田安規良,神山由紀乃,富永篤,比嘉源和,高田勝・翁長朝,吉岡由恵,松田伸也. 2011. 沖縄こどもの国ワンダーミュージアムを理科授業に活用するための課題?教員の意識調査の結果から?.琉球大学教育学部紀要, (79): 127-145.

Nishikawa, K., Jiang, J-P., Matsui, M., Mo, Y-M., Chen, X-H., Kim, J-B., Tominaga, A., Yoshikawa, N. 2010. Invalidity of Hynobius yunanicus and molecular phylogeny of Hynobiussalamander from continental China (Urodela, Hynobiidae). Zootaxa, 2426:65-67.

Tominaga, A., Ota, H., Matsui, M. 2010. Phylogeny and phylogeography of the sword-tailed newt, Cynops ensicauda (Amphibia: Caudata), as revealed by nucleotide sequences of mitochondrial DNA. Molecular Phylogenetics and Evolution 54 (3): 910-921.

Matsui, M., Tominaga, A., Liu, W-Z., Khonsue, K., Grismer, L. L., Diesmos, A., Das, C. I., Sudin, A., Yambun, P., Yong, H-S., Sukumaran, J., Brown, R. M. 2010. Phylogenetic relationships of Ansonia from Southeast Asia inferred from mitochondrial DNA sequences: Systematic and biogeographic implications (Anura: Bufonidae). Molecular Phylogenetics and Evolution 54 (2): 561-570.

富永篤,岡本卓. 2010. DNAバーコーディングの概要と爬虫両生類学分野におけるその現状. 日本爬虫両棲類学会報, 2010 (2):157-166.

Tominaga, A., Goka, K., Kimura, T., Ito, K. 2009. Genetic structure of Japanese introduced populations of the Golden Mussel, Limnoperna fortunei, and the estimation of their range expansion process. Biodiversity 10 (2&3): 61-66.

Sakamoto, M., Tominaga, A., Matsui, M., Sakata, K., Uchino, A. Phylogeography of Hynobius yatsui in Kyushu, Japan. Zoological Science 26 (1): 35-47, 2009.

Matsui, M., Tominaga, A., Liu, W-Z., Tanaka-Ueno, T. 2008. Reduced genetic variation in the Japanese giant salamander, Andrias japonicus (Amphibia: Caudata). Molecular Phylogenetics and Evolution 49 (1): 318-326.

Matsui, M., Yoshikawa, N., Tominaga, A., Sato, T., Takenaka, S., Tanabe, S., Nishikawa, K., Nakabayashi, S. 2008. Phylogenetic relationships of two Salamandrella species as revealed by mitochondrial DNA and allozyme variation (Amphibia: Caudata: Hynobiidae). Molecular Phylogenetics and Evolution 48 (1): 84-93.

Tominaga, A., Matsui, M. 2008. Taxonomic status of a salamander species allied to Hynobius naeviusand re-evaluation of Hynobius naevius yatsui Oyama, 1947 (Amphibia, Caudata). Zoological Science 25 (1): 107-114.

増永元,中村泰之,富永篤. 2008. 沖縄島北部産ヒメハブの新生個体によるリュウキュウアカガエルの捕食. AKAMATA, 19: 5-8.

Tominaga, A., Matsui, M. 2007. Estimation of the type locality of Hynobius naevius (Temminck and Schlegel, 1838), a salamander from Japan (Amphibia: Caudata). Zoological Science 24 (9): 940-944.

Matsui, M., Tominaga, A., Hayashi, T., Misawa, Y., Tanabe, S. 2007. Phylogenetic relationships and phylogeography ofHynobius tokyoensis (Amphibia: Caudata) using complete sequences of cytochrome b and control region genes of mitochondrial DNA. Molecular Phylogenetics and Evolution 44 (1): 204-216.

松井正文,富永篤. 2007. オオサンショウウオ地域個体群保全のためのAFLP法による遺伝多様性調査. 応用生態工学 , 10 (2): 175-184.

Tominaga, A., Matsui, M., Nishikawa, K., Tanabe, S. 2006.Phylogenetic relationships of Hynobius naevius (Amphibia: Caudata) as revealed by mitochondrial 12S and 16S rRNA genes. Molecular Phylogenetics and Evolution 38 (3): 677-684.

富永篤. 2006. 特集:種内系統地理学の新展開 ブチサンショウウオの分化. 生物科学, 57 (4): 194-202.

Tominaga, A., Matsui, M., Nishikawa, K., Tanabe, S., Sato, S. 2005. Morphological discrimination of two genetic groups of a Japanese salamander Hynobius naevius (Amphibia: Caudata). Zoological Science 22 (11): 1229-1244.

Tominaga, A., Matsui, M., Nishikawa, K., Tanabe, S., Sato, S. 2005. Genetic differentiations of Hynobius naevius (Amphibia, Hynobiidae) as revealed by allozyme analysis. Biochemical Systematics and Ecology , 33 (9): 921-937.

Tominaga, A., Matsui, M., Nishikawa, K., Sato, S. 2003. Occurrence of two types of Hynobius naevius in northern Kyushu, Japan (Amphibia: Urodela). Zoological Science, 20 (12): 1467-1476.

最近の学会発表リスト

【2021年度】
1. 富永篤, 島田知彦, 松井正文, 松波雅俊, 田辺真吾, 見澤康充, 西川完途, 永野惇, 木村亮介「西日本のカジカガエルの遺伝的分化と系統間の分布境界について」日本爬虫両棲類学会 第60回大会 (オンライン大会(京都)) 2021年09月18-19日
2.西嶋櫻, 富永 篤「蛍光トラッキング法を用いたオキナワシリケンイモリの行動圏特性」日本爬虫両棲類学会 第60回大会 (オンライン大会(京都)) 2021年09月18-19日
3.城間大輝, 富永 篤「マイクロサテライト分析に基づく伊豆半島のアカ ハライモリ2系統の遺伝的関係」日本爬虫両棲類学会 第60回大会 (オンライン大会(京都)) 2021年09月18-19日
4. 許斐有希, 佐藤行人, 松井正文, 富永 篤, 吉川夏彦, 西川完途, 戸田 守「日本産有尾類全種のミトコンドリア全塩基配列の決定」日本爬虫両棲類学会 第60回大会 (オンライン大会(京都)) 2021年09月18-19日
5.中村泰之, 苅部治紀, 加賀玲子, 富永 篤「沖縄島における侵略的外来種ウシガエルの駆除実験」日本爬虫両棲類学会 第60回大会 (オンライン大会(京都)) 2021年09月18-19日
6.上村亮, 富永 篤, 崎浜秀明, 陳怡惠, 巫奇勳「ミトコンドリアDNA に基づくアイフィンガーガエルKurixalus eiffingeri の分子系統地理」日本爬虫両棲類学会 第60回大会 (オンライン大会(京都)) 2021年09月18-19日
7.辺士名朝暉, 富永 篤「沖縄県のトカゲ類数種の採餌行動に関連した体温調節について」日本爬虫両棲類学会 第60回大会 (オンライン大会(京都)) 2021年09月18-19日
8.五箇公一, 横山潤, 富永 篤「日本におけるカエルツボカビの分布および遺伝的多様性の総括」日本爬虫両棲類学会 第60回大会 (オンライン大会(京都)) 2021年09月18-19日
9.富永 篤, 吉川 夏彦, 松井 正文, 長太 伸章, 佐藤 行人「MIG-seq解析によるアカハライモリの北日本系統と南伊豆系統の進化プロセスの解明」日本動物学会第92回大会 (オンライン大会(米子)) 2021年09月1-4日
10.古川 春佳, 富永 篤, 高山-渡辺 絵理子, 渡邉 明彦「SMIS遺伝子の重複はイモリ科において起こった」日本動物学会第92回大会 (オンライン大会(米子)) 2021年09月1-4日
11.瀬底 蘭, 大道寧祢, 安座間安史, 城間吉貴, 中村元紀, 波平知之, 北條 優, 富永 篤「琉球大学のミミズは何種類いるのか―分子系統解析から明らかになったミミズの種の多様性―」沖縄生物学会第58回大会 (オンライン大会) 2021年05月29日
12.中村泰之, 苅部治紀, 加賀玲子, 富永篤「大宜味村におけるウシガエルの食性と、かご罠を用いた駆除実験」沖縄生物学会第58回大会 (オンライン大会) 2021年05月29日

【2020年度】
1. 富永篤・岡本康汰 ・ 陶善達 ・ 和智仲是 ・ 佐藤行人 ・荒谷邦雄・ 冨坂峰人 ・ 城野裕介「胃内容物のメタバーコーディング解析による外来種ティラピア類の食性解析」日本動物学会 第91回大会 2020 2020年09月
2.伊藤真・西川完途・富永篤「アカハライモリのメスによる尾振り行動の発見とその機能についての考察」日本爬虫両棲類学会 第59回大会 2020年12月
3.和智仲是・ 富永 篤・ 巫奇勳・ 城野哲平・ 佐藤行人・ 上原みなみ・ 戸田守「ミトコンドリアDNAと核DNAからみた日本 ・ 台湾産ヌマガエル類の遺伝的集団構造と交雑帯の位置」日本爬虫両棲類学会 第59回大会 2020年12月
4.富永篤・中村泰之「沖縄島に生息するウシガエルの食性」日本爬虫両棲類学会 第59回大会 2020年12月
5.中村泰之・ 富永篤「沖縄島北部における外来種シロアゴガエルの食性」日本爬虫両棲類学会 第59回大会 2020年12月
6.尾﨑洸太朗 ・ 西川完途 ・ 松井正文・ 富永篤「イボイモリの頭骨における地理的変異」日本爬虫両棲類学会 第59回大会 2020年12月
7.川合恵・ 富永篤・ 島田知彦「長野県下におけるアカハライモリ2系統の境界域で観察される交配行動の変異と生殖隔離について」日本爬虫両棲類学会 第59回大会 2020年12月
8.許斐有希・ 佐藤行人 ・ 和智仲是・ 松井正文・ 富永篤・ 吉川夏彦・ 西川完途・ 戸田守「日本産有尾類全種のDNAバーコーディング領域の探索」日本爬虫両棲類学会 第59回大会

【2019年度】
1. 富永篤・城間大輝・山本結沙・栗田一輝・千木良芳範 「標識再捕獲法で得られたイボイモリの移動距離、行動圏に関する知見」沖縄生物学会第56回大会 2019年05月
2. 城間大輝・富永篤・山本結沙・栗田一輝・千木良芳範 「イボイモリの変態後の成長について」沖縄生物学会第56回大会 2019年05月
3. 富永篤・松井正文 「琉球列島のヒメアマガエルの多様性と遺存的分布」日本動物学会 第90回 大阪大会2019年09月
4. 富永篤「アカハライモリ系統間の分布境界に着目した両生類の種分化研究」日本動物学会 第90回 大阪大会 2019 シンポジウム 両生類はワンダーランド(6) 2019年09月
5. 中田 友明・富永 篤・持田 浩治・豊田 ふみよ・菊山 榮「伊豆半島に生息するイモリ性フェロモン遺伝子の地域多様性」日本動物学会 第90回 大阪大会2019年09月
6. 荒谷 邦雄 ・苅部 治紀 ・北野 忠 ・富永 篤 ・冨坂 峰人「危機的状況にある奄美・琉球の里地棲希少水生昆虫類に関する実効的な保全・生息地再生技術の開発」日本昆虫学会第79回大会 2019年09月
7. 栗田一輝・富永篤・吉川夏彦・松井正文・田辺真吾・西川完途「コガタブチサンショウウオ種群の種内及び種間の遺伝的変異について」日本爬虫両棲類学会 第58回大会 2019年11月
8. 川合恵・富永篤・島田知彦「中部地方におけるアカハライモリ2系統の交配行動の比較」日本爬虫両棲類学会 第58回大会 2019年11月
9. 富永篤・城間大輝・山本結沙・栗田一輝・千木良芳範「野外におけるイボイモリの移動距離と成長」日本爬虫両棲類学会 第58回大会 2019年11月
10. Tominaga, A., Matsui, M., Khonsue, W., Wu, CS [Relict distribution of Microhyla in the Ryukyu Archipelago: High diversity in East-Asia maintained by insularization] Symposium "Biology of the Frog Family Microhylidae"9th World Congress of Herpetology, 5?10 January 2020
11.中村泰之・富永篤 沖縄島におけるシロアゴガエルの食性(国内:北九州市立自然史・歴史博物館)九州両生爬虫類研究会第11回 福岡大会(2020)
12. 岡本康汰・城野哲平・和智仲是・富永篤・戸田守「国内外来種ミナミヤモリは在来ヤモリに対して侵略的か?交雑帯の遺伝的構造の経時変化」日本生態学会第67回全国大会名古屋  2020年3月  一般講演ポスター発表

【2018年度】
1. 栗田一輝・富永篤・松井正文・田辺真吾・西川完途 「コガタブチサンショウウオ種内の遺伝的多様性について」日本爬虫両棲類学会 第57回大会 2018年11月
2. 五十嵐萌詩・西川完途・富永篤「アカハライモリ2系統における繁殖行動の比較」日本爬虫両棲類学会 第57回大会 2018年11月
3. 富永篤・吉川夏彦・松井正文・長太伸章・佐藤行人 「MIG-seq法に基づくアカハライモリの関東集団、東北集団、南伊豆亜系統の遺伝的関係」日本爬虫両棲類学会 第57回大会
4. 西川完途・松井正文・富永篤「イボイモリの外部形態に見られる地理的変異」日本爬虫両棲類学会 第57回大会 2018年11月
5. 富永篤 「特別講演:アカハライモリなどを対象とした地理的分化と系統の置き換わりに着目した両生類の種分化研究」九州両生爬虫類研究会第9回熊本大会 2019年02月

【2017年度】
1. 漢那憲香・富永篤・佐々木健志「沖縄の花外蜜腺を有する栽培植物に誘引されるアリ類とその教材化」 沖縄生物学会第54回大会 2017年05月
2. 富永篤「琉球列島の両生類の分化」日本蜘蛛学会第49回大会 公開シンポジウム「琉球列島の生物地理~様々な分類群からの最近の知見~」 2017年11月
3. 栗田一輝・富永篤・千木良芳範 「イボイモリの繁殖生態と幼生生活史」日本爬虫両棲類学会 第56回大会 2017年11月
4. 富永篤・松井正文・西川完途 「中部地方におけるアカハライモリ2系統の交雑帯の動態」日本爬虫両棲類学会 第56回大会 2017年11月
5. 栗田一輝・富永篤 「イボイモリの陸上産卵に関する産卵環境の選択と初期生活史」九州両生爬虫類研究会第8回沖縄大会 2018年03月
6. 西原誠力・城野哲平・富永篤 「シリケンイモリの光環境に合わせた産卵様式の可塑性について」九州両生爬虫類研究会第8回沖縄大会 2018年03月
7. 宮里紗弥・富永篤 「シリケンイモリの繁殖をめぐる雄同士の競争及び雌の配偶者選択」九州両生爬虫類研究会第8回沖縄大会 2018年03月
8. 山本結沙・富永篤 「イボイモリの雄の求愛行動の野外観察例」九州両生爬虫類研究会第8回沖縄大会 2018年03月

【2016年度】
1. 富永篤・松井正文・吉川夏彦・江頭幸士郎・西川完途「中国地方におけるアカハライモリ2系統間の非対称な遺伝子浸透とそれに伴う交雑帯の移動」 日本爬虫両棲類学会第55回大会 2016年11月.
2. 大城尚海・富永篤 「シリケンイモリの卵の紫外線耐性および雌による卵の包み込み行動による卵保護の有用性について」 日本爬虫両棲類学会第55回大会 2016年11月
3. 砂辺真之輔・富永篤 「マイクロサテライト法によるシリケンイモリの親子判定の検討及びそれを用いた生活史の研究」日本爬虫両棲類学会第55回大会 2016年11月
4. 西川完途・タチアナ=ダジェスバエナ・松井正文・吉川夏彦・富永篤 「絶滅危惧種セイホウサンショウウオの歴史集団遺伝学」 日本爬虫両棲類学会第55回大会 2016年11月
5. 細原健太郎・富永篤 「シリケンイモリの繁殖期と水温の関係」日本爬虫両棲類学会第55回大会 2016年11月
6. Atsushi Tominaga, Masafumi Matsui, Natsuhiko Yoshikawa, Koshiro Eto, Kanto Nishikawa [Natural hybridization between two lineages of Japanese fire-bellied newt, Cynops pyrrhogaster in their contact zone] Joint Event: The 22nd International Congress of Zoology and the 89thAnnual Meeting of the Zoological Society of Japan 2016年11月
7. 宮城大周・富永篤・松井創・戸田守・寺田考紀・小野宏治「タイワンスジオElaphe taeniura friesiの野外での利用環境の推定」沖縄生物学会第53回大会 2016年05月