お知らせ・活動報告

リュウキュウカジカガエルの発生段階図表

卒業生と執筆したリュウキュウカジカガエルの発生段階に関する論文がCurrent Herpetologyに掲載されました。Open accessにしていただいたので、以下のサイトから誰でも閲覧できます。
Kuroshima, S., Tominaga, A. 2021. Normal development of an aquatic spawning tree frog, Buergeria japonica (Amphibia: Rhacophoridae). Current Herpetology, 40(2),169-181.https://doi.org/10.5358/hsj.40.169

2021年08月27日

2021年度開始

2021年度がはじまり、研究室にも新メンバー4名が加わりました。

?

2021年04月05日

長野のイモリの交雑帯の論文が公開されました

アカハライモリの長野での北日本系統と中部日本系統の交雑帯の論文が、受理されました。
Tominaga, A., Matsui, M., Matsui, M. 2021. Structure and movement of the hybrid zone between two divergent lineages of the Japanese newt Cynops pyrrhogaster (Amphibia: Urodela) in Central Japan. Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research, in press. (2021年1月31日受理).
20210330 Early view で公開されました。https://doi.org/10.1111/jzs.12467

2021年04月01日
≫ 続きを読む